土門大士


俺の中学校時代のバスケ部で一緒で今は画家の土門大士が凄いことになってた。

お盆で帰省した時に話を聞いたんですが、彼が原画を描いた作品が中国の南京の地下鉄の駅に飾られることになったそうです。

彼の原画を元に16m×3mの大きさで20人で3ヶ月かけて全て刺繍で再現したとか。。。。

詳しくは彼のブログを見て欲しいのですが、南京に日本人の作品が飾られるということを考えると、歴史的な背景を踏まえても凄いことだなーと思います。

丁度、タイミング良く、来月10月 7~12日に仙台で彼の個展が開催されます。
場所は仙台メディアテークの隣の杜間道ギャラリー。
去年と同じ場所のようです。
今年も足を運ぼうと思います。

彼の作風は、色鉛筆やボールペンのみを使用し、ひたすら描いていくスタイルなのです。

特に大きなサイズに色鉛筆だけで描かれた作品には圧倒されます。是非生で見て欲しいです。

昨年の個展の様子

土門大士ホームページ

広告

土門大士」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: NO HOLDS BARRED

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中