THE EDIT



世界初のEDITについてのみ綴られた本。
意外とテレビのジングルなんかでは多用されてるし、
最近だと安室奈美恵のアルバムでも使われてます。

実際は謎多きカルチャーって印象があったのでこういう本がリリースされるのは凄いことだし、うれしいです。

ここで言うEDITとはこういうヤツのことです↓
The Edit History by edits

ダンスミュージックを彩る魔法のスパイス「エディット」の世界初の本!

「今になって、Editのこと聞かれると思わなかったな。(笑)」-角松敏生

「謎に包まれたこの手法、Editをこの本が再確認、再認識させる。」-K.U.D.O.(Major Force)

「あぶな~い!ビートにぶつかる!これは音楽の編集武装だ!」
80年代ニューヨークのFMステーションで始まったといわれ、世界中のダンス・ミュージック・シーンを席巻した究極の編集革命、それがエディットだ!「え?エディット?」、「へぇ~!エディット!」と、これを読めばダンス・ミュージックが100倍楽しくなる。 ―Latin Ras Kaz

「君はLatin Rascalsを知っているか?」 80年代中期。日本でHip Hopがまだまだアングラだった時代。海の向こうではとても刺激的なミックス・サウンドがラジオから流れていた。その手法こそEditだった。 -DUB MASTER X

THE EDIT エディット・ミュージック・ディスク・ガイド (P‐Vine BOOKs)

映画。文学。音楽。絵画。ファッション。あらゆるカルチャーの源である「Edit」なるアート・フォーム。広大なエディット・ワールドからダンス・ミュージックにフォーカスした世界初のディスク・ガイド・ブック。

80年代にラテン・ラスカルズ、チェップ・ニューネスらが発明し、世界中の音楽好きが夢中になった。国内では、角松敏生、藤原ヒロシ、K.U.D.O.、M.I.D.、The JG’sらが紹介したアヴァンギャルドなサウンド・エフェクト、「Edit」。

2000年以降は、コールド・カット、2メニーDJズ、スクエアープッシャー、エイフェックス・ツイン、ダフトパンク、、、国内ではリョウ・アライ、安室奈美恵、Ravexなどなど、、、マッシュ・アップ、ニュー・エレクトロ、ニュー・レイヴ、バイレ・ファンキな ど、、、新しいダンス・ミュージックに仕込まれる古くて新しい手法、それが「Edit」。

そんな隠された手法、「Edit」の謎が今解き明かされる、、、。

●1910年から現在まで、時系列に沿ったエディットの歴史
●約150枚以上のレコード・ディスク・ガイド
●オリジナル・エディターへのロング・インタビュー
アルバート・カブレラ(元ラテン・ラスカルズ)、角松敏生、K.U.D.O. などを掲載。

執筆者:ALTZ、石山義明、コンピューマ、$pit、DJ TUTTLE、DJ Hiraguri、Home Cut、Latin Ras Kaz、MATSUMOTO HISATAAKAA、露骨キット

【目次】
イントロダクション
凡例

第一章 ルーツ・オブ・エディット 1910 ~ 1980
ルーツ・オブ・エディット・ディスク・ガイド
コラム1 「磁気テープとテープ・レコーダーのはじまり」

第二章 エディター黄金時代 1980 ~ 1990
リ・エディットとディスコ・ミュージック
リ・エディット・ディスク・ガイド
メガミックス&マスターミックス
メガミックス&マスターミックス・ディスク・ガイド
コラム2 「リミックス・サーヴィス」
キング・オブ・エディター ~ エディット黄金時代
・アルバート・カブレラ(Ex. ザ・ラテン・ラスカルズ)・ インタビュー 
・グレッグ・ウィルソン・インタビュー 
バングアウト・オブ・エディット ~ レジェンド・オブ・エディター チェップ・ニューネス
エディット・ミュージック・ディスク・ガイド
コラム3 「ハウ・トゥ・テープ・エディット」

第三章 日本のエディット・シーン 1980-2009
日本人エディターの登場
・角松敏生(カミュ・スピリッツ) ・インタビュー 
・K.U.D.O.(Ex. メジャー・フォース、エイプ・サウンズ) ・インタビュー 
・ノンセクトラジカルズ(Ex. The JG’S & M.I.D) ・インタビュー
ジャパニーズ・エディット・ミュージック・ディスク・ガイドコラム  「エディットの継承者 ~ ラテン・ラス・カズに聞く」
エディット対談 「エディットの興隆と衰退」ダブ・マスターX×ラテン・ラス・カズ×マツモト・ヒサターカー
コラム4 「エディットで踊れ! ダンサー・チーム、エグスプロージョンに聞く」

第四章 無意識のエディット 1990-2009
ポスト・エディット・ミュージック・ディスク・ガイド
動画共有サイト時代のエディット・ミュージック

エディット・ディクショナリー

執筆者紹介
アウトロダクション

ISBN: 978-4-86020-310-8
¥2,310
A5 264ページ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中